プロテインの語源
プロテインという言葉は、1838年7月10日スウェーデンの化学者ベルセリウスがオランダ人化学者ムルダーに宛てた手紙の中で新語の提案として歴史上初めて登場する。(フランス語;protéine)Le nom protéine que je vous propose pour l’oxyde organique de la fibrine et de l’albumine, je voulais le dériver de !πρωτε ιοξ,? parce qu’il paraît être la substance primitive ou principale de la nutrition animale. 「プロテイン」という名前はどうだろう・・・・繊維素や卵白素をかたちづくる有機酸化物・・・これらを、ギリシャ語の「プロティオス」にあやかって、そう呼びたいんだ。動物界の栄養素では、もっとも基本的というか、重要な物質だからね。
ムルダーは同年、この語プロテインを最初に科学論文で使用した。生物における「第一の構成要素」、ということでギリシャ語の「第一位のもの」を意味するプロティオスにケミカルな接尾辞であるイン(例:カフェイン等)をミックスして作られたようである。今日、英語で使われているPROTEINはドイツ語のPROTEINが1907年に英国に伝播したものと言われている。

目次に戻る
 


プロテイン、アミノ酸、クレアチン、各種サプリメントはLAニュートリション

 

COPYRIGHT L.A. NUTRITION    ALL RIGHTS RESERVED

 

 

免責事項

1. ここに掲載されているコラムは、堀江俊之の個人エッセイであり、L.A. NUTRITIONの公式見解ではありません。
L.A. NUTRITION
に関連する個人および法人は、コラム内にある情報の完全性、正確性、適用性、有用性などに関し、いかなる保証も行いません。

2. ここに掲載されているコラムは、不適確な記載や誤植を含む場合があり得ます。また、文章内容の変更は、いかなる予告も無く、随時任意に行われます。

3. L.A. NUTRITIONに関連する個人および法人は、このコラムを参照された本人または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。