イオン交換膜ろ過法によるホエイプロテイン=過去の遺物
MF製法が登場するまではこの製法に頼っていた。この方法だと、グリコマクロペプチドなどの身体に有用なペプチドは効率よく保存できない。CFMホエイに比べ、味的にも成分的にも劣っている。 米国の廉価プロテインにはこの種のホエイアイソレート(WPI)が混入されることが多く、要注意である。

目次に戻る

 


プロテイン、アミノ酸、クレアチン、各種サプリメントはLAニュートリション

 

COPYRIGHT L.A. NUTRITION    ALL RIGHTS RESERVED

 

 

免責事項

1. ここに掲載されているコラムは、堀江俊之の個人エッセイであり、L.A. NUTRITIONの公式見解ではありません。
L.A. NUTRITION
に関連する個人および法人は、コラム内にある情報の完全性、正確性、適用性、有用性などに関し、いかなる保証も行いません。

2. ここに掲載されているコラムは、不適確な記載や誤植を含む場合があり得ます。また、文章内容の変更は、いかなる予告も無く、随時任意に行われます。

3. L.A. NUTRITIONに関連する個人および法人は、このコラムを参照された本人または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。