カゼイン・ミセル2
牛乳は牛の分泌液である。しかも生後間もない子牛に与える唯一の食事であるから、非常にパワフルな体液であると言ってよい。免疫機能やアレルギーなどは親から子へしばしば受け継がれるものであるが、母乳を通じて受け継がれていく部分は大きい。
そういったパワフルな栄養素は、上記のカゼイン・ミセルにしっかり守られ、可能な限り原型をとどめたまま子牛の体内へ吸収される。カゼインが凝固するのは、子牛の短い消化器官内をサッと通り抜けてしまわないようにするためだ。凝固することで、栄養吸収の時間が与えられ、またミセル内部の栄養素も壊れずに吸収されるというわけだ。しかし、他動物のパワフルな活性物質をそのまま人体に吸収させるのはどうかという問題が残る。

目次に戻る
 


プロテイン、アミノ酸、クレアチン、各種サプリメントはLAニュートリション

 

COPYRIGHT L.A. NUTRITION    ALL RIGHTS RESERVED

 

 

免責事項

1. ここに掲載されているコラムは、堀江俊之の個人エッセイであり、L.A. NUTRITIONの公式見解ではありません。
L.A. NUTRITION
に関連する個人および法人は、コラム内にある情報の完全性、正確性、適用性、有用性などに関し、いかなる保証も行いません。

2. ここに掲載されているコラムは、不適確な記載や誤植を含む場合があり得ます。また、文章内容の変更は、いかなる予告も無く、随時任意に行われます。

3. L.A. NUTRITIONに関連する個人および法人は、このコラムを参照された本人または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。