日本語で言うプロテインとは?
一般に「プロテイン」(PROTEIN)は「たんぱく質」を意味する英語である。
日本では、いわゆる「プロテイン・パウダー」のことを単に「プロテイン」と呼ぶことが多いようだ。
「プロテイン・パウダー」は、直訳すると、「たんぱく質の粉」だが、100%純粋なたんぱく質の粉を作るのには不必要に大きな費用がかかるので、実際のところ「プロテイン・パウダー」にはたんぱく質が、30%から95%の割合で含まれている。
たんぱく質の割合は、その製品の目的によって変わる。そもそも100%純粋なたんぱく質を食べる必要はなく、食事の中でたんぱく質が占める割合を多くすれば良いわけだ。


目次に戻る
 


プロテイン、アミノ酸、クレアチン、各種サプリメントはLAニュートリション

 

COPYRIGHT L.A. NUTRITION    ALL RIGHTS RESERVED

 

 

免責事項

1. ここに掲載されているコラムは、堀江俊之の個人エッセイであり、L.A. NUTRITIONの公式見解ではありません。
L.A. NUTRITION
に関連する個人および法人は、コラム内にある情報の完全性、正確性、適用性、有用性などに関し、いかなる保証も行いません。

2. ここに掲載されているコラムは、不適確な記載や誤植を含む場合があり得ます。また、文章内容の変更は、いかなる予告も無く、随時任意に行われます。

3. L.A. NUTRITIONに関連する個人および法人は、このコラムを参照された本人または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。