蛋白源としての卵白

いわゆる「卵白」はニワトリの卵における細胞間質液である。良質のアミノ酸配分を誇るたんぱく質がここには含まれているわけだが、卵白がたんぱく源として一般人の間に人気を博した背景には、科学的考察無い。 アミノ酸スコアうんぬんよりも、「定石に則っている」という漠然とした情緒が「科学」なのだ。

鶏卵は牛乳などと同じく、古くから世界中の朝食テーブルを華やかに彩ってきた主役級の食材・レシピである。このことが人気の最大原因である。

目次に戻る

 


プロテイン、アミノ酸、クレアチン、各種サプリメントはLAニュートリション

 

COPYRIGHT L.A. NUTRITION    ALL RIGHTS RESERVED

 

 

免責事項

1. ここに掲載されているコラムは、堀江俊之の個人エッセイであり、L.A. NUTRITIONの公式見解ではありません。
L.A. NUTRITION
に関連する個人および法人は、コラム内にある情報の完全性、正確性、適用性、有用性などに関し、いかなる保証も行いません。

2. ここに掲載されているコラムは、不適確な記載や誤植を含む場合があり得ます。また、文章内容の変更は、いかなる予告も無く、随時任意に行われます。

3. L.A. NUTRITIONに関連する個人および法人は、このコラムを参照された本人または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。